トランポリンの使用ケース

高齢者とケアトランポリン障害者とケアトランポリン

高齢者のケア

ph_kourei02.png

最初は、要介護のご利用者にトランポリン?という感じでしたが、デイサービスの機能訓練で使っており効果が出てきております。
高齢者・意識障害者のリハビリや健康維持にも医学的に効果が実証されています。
ふさぎ込みがちな高齢者・意識障害者に笑顔を蘇らせるための明るく楽しい環境づくりをサポートします。

ph_tokutyouph_tokutyouph_tokutyou

脳の機能回復

●トランポリンの上下運動は、内耳にある三半規管(バランス平行感覚)の機能を回復させる等、脳全体の調整機能を高めるのに効果があります。

衰え始めた足腰と脳の機能を同時に回復させる

●トランポリンの上下運動で高齢者の足腰と脳機能の両面を回復させ、寝たきりを防止する効果があります。
●バランスのとり方を、反射的に「からだ」に覚え直させることや、脳全体の調整機能を高めさせるのに、最も有効なのが
トランポリン運動といわれています。

障害者(音楽トランポリン療法)のケア

音楽トランポリン療法

ph_syogai01

10数年ほど前、後藤幸生医師(福井医科大学 現:福井大学 ICU専門医)のチームにより意識障害者を対象とした「音楽トランポリン療法」が施され、
多くの患者さんを奇跡的に回復させました。その驚異的な療法は多くの人々に感動を与え、NHKでも取り上げられるほどのセンセーションを巻き起こしました。
学術的な説明は大変難しいのですが、人間の生命の中枢をなす脳幹が、トランポリンの上下運動によって刺激されると、自然治癒力が誘発されて脳が覚醒してくると後藤医師は解説しておられます。

次のような疾患に効果があることが立証されています。
●意識障害 ●重度脳障害 ●脳卒中 ●脳性麻痺 ●低酸素脳症 ●自閉症 ●発達遅滞 ●歩行障害 ●骨粗しょう症

心と体のリズムを蘇らせる!!

●音楽演奏に合わせて、家族や介護者が一体となって行うトランポリン上下ゆさぶり運動は、医療側と家族が共同で患者の体と心のリズムを蘇らせる、患者に優しい総合脳甦生リハビリ療法です。トランポリンの上下運動や音楽の演奏には家族も一緒に参加するので、「家族参加型医療」ともいえると後藤医師は述べておられます。

子供への効果!!

●子供の運動神経発達に非常に役に立ちます。
●楽しく全身を動かすという事が、生命の中枢である脳幹を刺激します。
●重度の自閉症児は、トランポリン上下運動で集中力がアップし表情がやわらかくなりコミュニケーションが取れるようになります。
●脳性まひ幼児は、筋肉の緊張が緩んだり、関節可動域が広がったり、姿勢保持ができるようになります。
●LD児、ADHD児にとってトランポリン運動は、楽しく身体を揺らす感覚刺激になり、これが動きや精神的な活動(注意力)のメリハリをつくります。